カテゴリー: メルマガ

【メンタルライフ通信】社名変更のお知らせ

2017年6月29日

拝啓 梅雨の候 貴社ますますご隆盛のことと お慶び申し上げます。 平素は格別のお引き立てを 賜り厚くお礼申し上げます。 さて、このたび弊社は 6月28日付けで社名を 日本脳メンタルライフ協会に 改称いたしましたのでお知らせ申し上げます。 脳の健康からうつ予防をテーマに 脳と心と体の健康に関する 知識の普及に努めてまいります。 今後は、 アルファスチームの普及 …

続きを見る

【うつ予防通信】笑っていますか?

2017年6月22日

うつ病を発症する原因は 解明されていませんが、 有効とされている説は、 身体的・精神的ストレスによって 神経伝達物質が不足し、自律神経が乱れて うつ病を発症しているという説です。 メンタルライフアドバイザーの 資格をお持ちの方はご存知の通り、 自律神経は「交感神経」「副交感神経」 この2つの神経のことで、 交感神経が優位になると、脳と体は 興奮したり緊張した …

続きを見る

【うつ予防通信】先週のメルマガはご覧になりましたか?

2017年6月8日

先週もお伝えしましたが、 重要な内容ですので、もう一度 メルマガ配信いたします。 バイオフィードバック治療の第一人者、 エリック・ペパー博士が来日、 バイオフィードバックによる ストレスマネージメント1日集中講座を行います。 ストレスを「見える化」し、パワーに変える。 米国最新のストレスマネージメントプログラムを 学びませんか? お申し込みはこちら ⇒ ht …

続きを見る

【うつ予防通信】エリック・ペパー博士来日

2017年6月1日

バイオフィードバック治療の第一人者、 エリック・ペパー博士が来日、 バイオフィードバックによる ストレスマネージメント1日集中講座を行います。 ストレスを「見える化」し、パワーに変える。 米国最新のストレスマネージメントプログラムを 学びませんか? お申し込みはこちら ⇒ http://doll-ex.jp/L3424/b5343/11551 バイオフィード …

続きを見る

【うつ予防通信】うつによる経済危機

2017年5月18日

日本はうつ病によって、 経済危機を迎える可能性があります。 うつ病の発症によって、 休職となれば、新たに人材が必要となり 当然のように人件費がのしかかってきます。 休職のためにかけた人材、 業務を補うための新たな雇用、 当然のように経費がかかります。 また、あらたな雇用をしても、 すぐに業務に対応できません。 その結果、残った社員に負担が増え、 さらにストレ …

続きを見る

【うつ予防通信】コミュニケーション能力を磨く

2017年5月11日

核家族化や少子化、日常生活への インターネットの浸透などから 生まれた弊害の一つが、 コミュニケーション能力の低下です。 携帯やスマホを使って、 容易にネットに書き込みができる 環境が生まれたことによって、 コミュニケーション能力に 長けているという錯覚をしている 人もいます。 コミュニケーション能力とは、 実際にお互いが顔の表情や声を 聞きながら、自分の言 …

続きを見る

【うつ予防通信】働き方改革

2017年4月27日

働き方改革 無料セミナーについて もうお話しは聞いていますか? YES http://doll-ex.jp/L3424/b5343/11521 NO http://doll-ex.jp/L3424/b5343/21521 企業が選ばれる時代に おさえておきたい、 「ホワイト企業になる方法」 についていくつか事例を用いて、 ホワイト企業の実態とホワイト企業に …

続きを見る

【うつ予防通信】ストレスを認識する

2017年4月20日

「ストレスがあるということが当たり前」 という認識を持ちましょう。 ストレスを持って仕事を しているということを隠す傾向が よく見られます。 仕事をしてストレスが 生まれていることを認めることは、 「仕事を嫌々している」ということを 「周囲に示すことになるのでは?」 と考えているためです。 それでは、なかなか同僚や上司にも 相談することはできません。 ストレ …

続きを見る

【重要】第二回 経営者交流会のご案内

2017年3月9日

第二回 経営者交流会 演出 澤内 隆先生にインタビュー! こちらの動画を御覧ください。 http://doll-ex.jp/L3424/b5343/11501 プロフィール 地理バッ地理きょういく研究所?主宰。 地理から派生し「観光」「まち歩き」 「地域イベント」の活動に取り組む。 帝国書院地図普及アドバイザー グランツーリズムテーマ旅行部 アドバイザー、港 …

続きを見る

【うつ予防通信】企業がすべき取り組み

2017年2月23日

もしも、うつ病を発症してしまった 社員を抱えているとしたならば、 その社員に対して生活保障をすることは、 企業の責任として当然です。 企業が考えなければならないのは、 今後社員がうつにならないような 予防対策を強化することです。 うつに対する企業防衛とは うつを抱えた社員の生活保障に 責任を持ち、復職に向けて専門家に 任せて症状の改善を見守る一方で、 同じ就 …

続きを見る